スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

参院選、負ければ辞任=自民・谷垣氏(時事通信)

 自民党の谷垣禎一総裁は13日午前、参院選について「政治生命を懸けると言えば、総裁としての資格がなくなったということだ」と述べ、敗北すれば総裁を辞任する考えを明言した。ただ、具体的な勝敗ラインについては「全く考えてない。野党は与党を追い込んでいくのが仕事だ」と述べるにとどめた。都内で記者団に語った。 

【関連ニュース】
【特集】菅直人内閣閣僚名簿
鳩山首相が漏らしていた「辞意」
〔写真特集〕鳩山首相、苦悩の1カ月
谷垣総裁に集中砲火=参院選「40議席台」発言
参院選ポスター発表=自民

「辺野古は困難」菅首相と初会談の仲井真知事(読売新聞)
久子さま、南ア訪問へ=W杯対デンマーク戦を観戦(時事通信)
「もぐり狩り」で高校生2人に重軽傷負わす 内装工の少年逮捕(産経新聞)
生徒の母、教頭に切り付ける=府立高校で、現行犯逮捕―大阪府警(時事通信)
仙谷官房長官、公務員改革の熱意どこへ…大言壮語“放りだし”(産経新聞)
スポンサーサイト

岩手県の達増知事「福島氏罷免はまずい。約束守るべきだった」(産経新聞)

 岩手県の達増拓也知事は31日の記者会見で、米軍普天間飛行場移設問題で社民党の福島瑞穂党首が閣僚を罷免され、同党が連立政権から離脱したことについて、「罷免はまずかったと思う。3党合意は最後まで守るべきだった」などと述べ、鳩山由紀夫首相の政権運営を批判した。社民党に対しては「今回の決定が3党合意にある『(在日米軍基地の在り方の)見直しになっていない』というのは、なるほどと思う」と理解を示した。

 達増知事は民主党籍を持ち、同県選出の小沢一郎幹事長とも極めて近い関係にあり、この時期の官邸批判や社民党への好意的発言は注目に値する。

 達増知事は鳩山内閣の支持率低下について、「今のままだと、連立政権発足時の約束が破られたままで、鳩山内閣の存立基盤自体が崩壊したことになる。高支持率は期待できない」と指摘。「いい約束を守れる志の人たちで、改めて約束をし直すことが必要だ。社民の人たちはそういう志を持っており、排除すべきでない」と述べ、3党連立の再構築を求めた。ただ、鳩山首相の進退については「党の中で決めるべきだ」と明言を避けた。

 その上で、達増知事は「昨年9月の3党合意の作り方に齟(そ)齬(ご)があったのではないか。実際にどういう約束をしたのか。当事者間で今すぐに総括を行い、国民の前でけりをつけてほしい」と強調。当時の民主党幹事長だった岡田克也外相の責任に言及した。さらに、「当時、新しい幹事長に決まっていた小沢一郎さんが仕切っていたら、こんなことにならなかった」と述べた。

 また、今回の政府決定について「冷戦時代の思考にとらわれ、脱皮できていない」と批判した。

【関連記事】
社民連立離脱 基本政策「抜き」のツケだ
社民、連立離脱しても部分連合と選挙協力を模索
福島氏罷免でごまかされるな!!
瀕死のハト襲う 社民離脱
首相「メディアが思うほど、小沢氏とぎくしゃくしてない」
iPadが上陸

<鉄道事故>女性が「のぞみ」と接触、左腕切断 JR尾道駅(毎日新聞)
「鳩山政権支える」=小沢氏に伝達―亀井国民新代表(時事通信)
<ママ鉄>ママは鉄道に夢中 子どもと見学急増(毎日新聞)
<連帯保証人>保護のため民放改正へ 説明義務規定を検討--法制審(毎日新聞)
覚醒剤所持容疑、済生会福岡病院の医師逮捕 「使うため持っていた」(産経新聞)

【集う】イラクに散ったジャーナリスト故・橋田信介氏を偲ぶ「タンポポ忌」(産経新聞)

 □5月8日、熱海の古屋旅館

 ■「素晴らしい友人にめぐまれました」

 テレビ局のプロデューサー、雑誌の編集長、新聞記者…。ふだんは多忙を極める人たちが1年に1度、戦場に散った“ひとりのジャーナリスト”の思い出話を語りたいがために、万難を排してやってくる。

 橋田信介さん(享年61)は2004年5月27日、イラク戦争を取材中に、バグダッド近郊でおいの小川功太郎さんとともに襲撃され亡くなった。フリーのジャーナリストとしてアフガンやカンボジア、パレスチナなど世界中の戦場を取材。還暦を過ぎても現場にこだわり続けた人だった。

 「フリーには『仕事を断る』という選択肢も『成果なしに退く』という選択肢もない。そんな思いで(信介さんと)2人でどれだけ現場を駆け回ったことか」と懐かしむのは戸井田克彦さん(56)=現・日本テレビワーク24。テレビ朝日・報道ステーションのチーフプロデューサー、後藤和夫さん(58)は「僕がプロデューサーになって、(信介さんに)どんどん稼がせてやるぞと思っていた矢先の事件だった。もっともっと頼みたい仕事があったのに」。

 そんな仲間たちにとって楽しみなのは信介さんの長男、大介さん(28)が父の跡を追って報道の道へ入ったこと。現在はテレビの報道カメラクルーの一員としてニュースの現場を駆け回る日々だ。「いつかは父のように世界を舞台に仕事をしてみたい」と大介さん。

 酒がすすみ夜がふけても、思い出話はつきない。妻の幸子(ゆきこ)さん(57)は、「(夫は)幸せ者ですね。素晴らしい友人にめぐまれました」。夫の遺志を継いだイラクへの医療支援の仕事もゴールが近い。「後は(いまだに許可が下りない)事件現場へ行くこと。それができない限り事件は終わりませんからね」(喜多由浩)

「子育て白書」待機児童解消などで数値目標(読売新聞)
臨床研修医が増加、「基金」奏功か―鹿児島県医師会(医療介護CBニュース)
6~8月は「北冷西暑」…気象庁3か月予報(読売新聞)
火をつけて回るのはどうか=福島党首を批判―経産相(時事通信)
事業仕分け 審査せず交付で収入11億円…「資格・検査」法人(産経新聞)

福島党首、普天間県内移設なら閣議了解応じず(読売新聞)

 社民党党首の福島消費者相は16日、沖縄県の米軍普天間飛行場移設に関する政府の対処方針に県内移設が盛り込まれた場合、閣議了解に応じない考えを表明した。

 宮崎市内で記者団の質問に答えた。鳩山首相は、5月末の閣議了解をもって一定の「決着」と主張する考えとみられるが、福島氏の反対表明で、閣内の合意形成はきわめて厳しい情勢となった。

 福島氏は、記者団が「閣議では了解できないか」と質問したのに対し、「はい、その通りだ。新たに沖縄に負担や犠牲を強いることはできない」と答えた。

 対処方針は、沖縄県名護市辺野古のキャンプ・シュワブ沿岸部周辺に杭(くい)打ち桟橋方式で代替滑走路を建設する案が柱となる見通しだが、福島氏は「沖縄の海をつぶして新たな基地を作ることには社民党は明確に反対だ」と強調した。

日米合意出来れば首相の進退問題なし…下地氏(読売新聞)
衆院内閣委員長の解任決議案提出(産経新聞)
22日に「世界禁煙デー岐阜フォーラム」(医療介護CBニュース)
幻の「紀州東照宮・御船歌」復活 江戸初期とどめる30年前の音源(産経新聞)
白樺ガス田 出資5割超、中国に 政府方針 先行開発を配慮(産経新聞)

日銀が2兆円を即日供給=昨年12月以来-市場に安心感与える(時事通信)

 日銀は7日朝、短期金融市場に2兆円の資金を供給する即日のオペレーション(公開市場操作)を実施した。同オペの実施は昨年12月2日以来、約5カ月ぶり。金融市場局は「市場に潤沢に資金を供給することで、安心感を与えるために実施した。国内市場で何かが起きていると認識しているわけではない」としている。
 欧州の信用不安拡大を受け、海外市場で急速に円高・株安が進行。7日の東京市場でも日経平均株価が一時400円を超す下げ幅となるなど、株安に歯止めが掛からず、金融市場の不安が高まっている。 

【関連ニュース】
〔マーケット情報〕株と為替の最新市況
円、一時1ユーロ118円台=1年3カ月ぶり高値
円相場、93円59~61銭=6日午後5時現在
361円安の1万0695円69銭=6日の平均株価
円相場、93円90~91銭=6日正午現在

「3年半で30億超詐取」=振り込めメンバー供述-ナンバー2逮捕・警視庁(時事通信)
「日米同盟深化へ協議」=外交・安保公約-民主素案(時事通信)
<コープかながわ>売れ残ったトンカツを冷凍し再び販売(毎日新聞)
普天間問題・閣僚から首相にエール 「約束は重いが実現は別問題」(産経新聞)
<郵便不正事件>「凜の会」で控訴…大阪地検(毎日新聞)
プロフィール

ながつかけいこ

Author:ながつかけいこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。